Little Concert

Just another WordPress.com site

ギター・レジェンドたちが飾った音楽雑誌の表紙:ドブロ・グレート、タット・テイラー http://amzn.to/karK3o

コメントする

長年CD化が望まれているレコードの1枚として有名なのが「TUT TAYLOR / DOBRO COUNTRY」・・・ブルースやブルーグラス、或いはギタリスト・マニアでもないと知っている人は少ないかも知れない。バック・ミュージシャンとしては活躍はある様だけれども、ソロ・アルバムが気楽に聴けない様ではギター・レジェンドに選んでも良いものかしら。多くのレコードが入手難 http://amzn.to/karK3o

Gp_vault_201104-18

米ギタープレイヤー誌、1974年5月号の表紙で14歳でドブロをはじめた“ドブロー・グレート、タット・テイラー”と紹介されています。

名盤(?)『ドブロ・カントリー』の最初のリリースは1964年(World Pacific Records)らしい。その後、1974年に米UNITED ARTISTS、1978年にキングレコード(日本)のユナイト・レコード・レーベルで廉価発売。もしかしたら、それが最後の発売だったのか。2,3年前に東京など一部でCD化されたと話題になっている様でしたが、CD-Rによるリリースだった様で音源については保証外。

 

Media_httpwww11atpage_urdii

タット・テイラーのドブロは、12弦のオリジナル・モデル。ドブロはハワイアン・ギターをルーツにしています。その昔、忘れ置かれていたギターを抱えないでテーブルの上に置いて演奏したのがはじまり。日本では戦前、戦後の流行歌で伴奏に良く使われています。スチールギターといったら日本ではもっぱらムード歌謡曲の伴奏。

1923年生まれで、88歳で健在。演奏はYOUTUBEで鑑賞できます。

Media_http1bpblogspot_hthaz

http://www.youtube-nocookie.com/v/LykWO8ETwPc?version=3&hl=ja_JP

レコードジャケット写真 via www11.atpages.jp
Tut Taylor Photo via americanbluesblog.com

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=maetel-22&o=9&p=16&l=st1&mode=music-jp&search=dobro&fc1=000000&lt1=_blank&lc1=3366FF&bg1=FFFFFF&f=ifr

広告

作成者: amadeusrecord

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中