Little Concert

Just another WordPress.com site

写真、動画の撮影は全面禁止です – 小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル特別公開展

コメントする

昨日(2011年11月27日)は、小惑星探査機「はやぶさ」の特別展示を見に行ったのだけど熊本博物館は、いつも以上に人がたくさん。最終日で子供連れが多く、熊本城周遊バスは一杯で乗るのを1つ見送ったという方も居ました。わたしが乗った時も満杯。
普通だと熊本城二の丸駐車場で、大方が降車するのに車内のほんの1割ほどゆとりが出た位。
小さいバスはえっちらおっちら、御幸坂は一気に登り切れずに八合目でいったん息切れしたほどでした。
いつもより時間をかかってついて熊本博物館。人が一杯。バス停前には館長さんまで総出でした。まさか館長さんが出迎えてくれるとは思わなかったのでびっくり。一般客の他に研究者の来館もあったようです。
17522039480

会場は1回特別展示室。日頃は館内から入室できるのですが、プラネタリウムとの混乱を避けてのことだったのでしょう。料金窓口横からの出入りとなってます。出入り口も学芸員総力。顔なじみの学芸員に「カメラ撮影は出来ますか」と尋ねたところ、残念ながら撮影は禁止でした。入ると資料を受け取っただけでカメラチェックはされなかったし、展示場の注意書きにはカメラは鞄の中にと在ったから持ち込みを規制されているわけでは無い程度の監督。ネット検索するといくつか写真がヒットするんだけど携帯か何かでこっそり撮ったのかもしれない。

中はパネルで仕切って巡回路になってました。展示品は8つ。2つは模型で、レプリカも数点。本物には警備員がガードしていたから、こっそり撮るとしても模型の方だけが可能だろう。
パンダ見物のような行列で、じっくり見るゆとりはありませんでした。

はやぶさ-2

写真は受け取ったチラシ。
はやぶさの1/8模型と、カプセルのカットモデルにはガードは無かったけれど、他の6つにはそれぞれガードマンが警護していて物々しかった。観ながらのおしゃべりも控えたくなる感じ。「インスツルメントモジュール」、「搭載電子機器」どれも小さいもので、1升炊きの炊飯器ぐらいでしょうか。「モジュール」も「電子機器」も熱で破損したところはレプリカで復元されていると言うこと、1番大きく目につく一番奥に展示されていた「ヒートシールド」はレプリカ。本当の実物は「背面ヒートシールド」と「パラシュート」と言うことで、人での割には肩すかしと言った印象。

はやぶさ

子どもたちは、「あれれ」という感じだったんじゃ無いかしら。でも、このヒートシールドは蒸着してあったアルミが溶けて金色に黒のヒョウ柄模様になっていて不思議な芸術品のようでした。落下してすぐはずいぶんと高熱だったでしょうね。

アマデウスクラシックス! 稀少アナログ、オリジナル盤通販サイト 11月更新:撮影は全面禁止です 「はやぶさ」特別公開 via amadeusclassics.otemo-yan.net

広告

作成者: amadeusrecord

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中