Little Concert

Just another WordPress.com site

《気ままにクラシック・エッセイ》ザルツブルクとモーツァルト – 12月5日、午前0時55分にモーツァルトは天に帰った。

コメントする

聖歌が 街に溢れる 青い空。
空模様が雪景色にはほど遠い感じで、熊本の天気は一部曇り、最高気温も16度ある穏やかさ。暦と気持ちだけが師走を感じています。

聖歌がふさわしくなるのはまだまだのようですが、クリスマスソングが街の通りの店ゝでながれています。鶴屋百貨店のショーウインドウには、クリスマスセールのデコレーション。今年からクマモンが目だって登場。なのに、静かな交差点だと感じていた。そう、8月にパルコのタワーレコードが撤退していたんだ。毎年12月になると新しいクリスマスチューンが賑やかに聞こえていたんだ。

清しこの夜 星は光り
救いの御子は
馬槽の中に
眠り給う いと安く

クリスマスの夜、一夜の泊まりに馬小屋を借りたメシアの両親は旅人だった。

流れ流れて良い落ち着き先を求めていたのは、音楽家達も同じだ。バッハは流れ流れてトーマス・カントルという、当時最高の音楽家の位に就いた。バッハの名は「小川」の意味があって、放浪者を暗に示しています。モーツァルトも沼地を意味している。
多くの音楽家がバッハのようになりたいと思ったことでしょう。

ハイドンは兄弟の多い百姓の小せがれ。歌を歌うのが大好きで、畑で大声で歌っているところにウィーン少年合唱団を組織しようとメンバーを探していた人物にスカウトされた。後にエステルハージ公のおかかえとなって、無くなった時たくさんの財産を残した。
モーツァルトは幼年期、ハイドンと親密にしたこともあって良い領主のおかかえになれば裕福に遅れると期待したのでしょう。
モーツァルト親子が、良い就職先を求めて旅をしたことは良く知られています。35年のモーツァルトの生涯の3分の1が馬車の中での生活でした。しかし、これに驚くことよりも就職先が見つからなかったと言うことなのです。

モーツァルトが生まれ育ったザルツブルクは、強固な要塞のような都市です。正面は川と堀があって、橋を渡って門を通行する以外出入りは出来ない。都市の背後は切りだった山があります。この山で豊かな塩が採れることから、ザルツ・ブルク=塩の城塞という名前になりました。
この塩の収穫が都市の繁栄の礎。モーツァルトは、ザルツブルク宮廷のオルガニストの職に就いていました。 この年棒が450グルデン。ハイドンの弟が年棒50グルデンでオルガニストをしていたので、モーツァルトがいかに恵まれていたか。

さて、12月5日はモーツァルトが亡くなった日。最後の最後まで《レクイエム》の作曲に執着していた様子は、映画『アマデウス』で時間を割いているのだけどモーツァルト直筆で完成できたのは最初の《入祭文》でしかなかった。
この《レクイエム》がモーツァルトの最後の名曲になるのだけど、完成した最後の曲は《ホルン協奏曲》が本当の白鳥の歌であり、歌劇《皇帝ティトゥスの慈悲》は最後のオペラ作品として取り合われることが殆ど無い。モーツァルトの三大歌劇は《フィガロの結婚》、《ドン・ジョヴァンニ》に《コシ・ファン・トゥッテ》か《魔笛》と言うことになる事に異論は無いけど、空虚かもしれないけど透明感があって素晴らしい。
歌劇《皇帝ティトゥスの慈悲》で得た作曲料は900グルデン。オルガニストの年棒2年分だ。そして《レクイエム》の作曲依頼で受け取ったのは、225グルデンだった。

お薦めできるモーツァルトの名録音盤。いずれもアナログLPの初期オリジナル盤。レコード通販のアマデウスクラシックで販売中です。

レーベル:英 DECCA、レコード番号:SXL 6409、オリジナリティ:ED-4、スモール・ラベル、ちなみにラージラベルはありません。、
曲目: モーツァルト:フリーメーソンのための葬送音楽 全曲、
演奏:指揮: イシュトヴァン・ケルテス、オーケストラ: ロンドン交響楽団


レーベル:仏 harmonia mundi、レコード番号:HM – 1118、オリジナリティ:ブラック・ラベル、オリジナル、
曲目: モーツァルト:クラリネット五重奏曲 K581、クラリネット三重奏曲
演奏:クラリネット: ミシェル・ポルタル、ヴァイオリン: レジ・パスキエ、ヴィオラ: ブルーノ・パスキエ、チェロ: ローランド・ピドゥー、ピアノ: ジャン・クロード・ペネティエ


レーベル:米 COLUMBIA、レコード番号:ML-5004、オリジナリティ:6EYEラベル、1stラベル、
曲目:モーツァルト:「ミラベルの庭園にて」
指揮:ブルーノ・ワルター 、オーケストラ:コロンビア交響楽団


レーベル:独 DEUTSCHE GRAMMOPHON、レコード番号:2531 335、オリジナリティ:ブルーリング・ラベル、1stラベル
曲目:モーツァルト:交響曲 No.29、No.35、フリーメーソンのための葬送音楽
演奏:指揮: カール・ベーム、管弦楽:ウィーン・フィル


レーベル:独 DEUTSCHE GRAMMOPHON、レコード番号:2530 082、オリジナリティ:ブルーリング・ラベル(チューリップ・ラベルはありません)
曲目:モーツアルト:セレナーデNo.9「ポストホルン」、セレナーデNo.6「セレナーデ・ノットルゥーナ」
演奏:指揮: カール・ベーム、管弦楽:ベルリン・フィル


レーベル:独 DEUTSCHE GRAMMOPHON、レコード番号:2530 548、オリジナリティ: ブルー・リング・ラベル、 1stラベル
曲目:モーツァルト:ピアノ協奏曲 No.20,No.21
演奏:ピアノ: フリードリッヒ・グルダ、指揮: クラウディオ・アバド、管弦楽: ウィーン・フィル


レーベル:独 DEUTSCHE GRAMMOPHON、レコード番号:SLPEM – 136 226、オリジナリティ:チューリップ・ラベル
曲目:モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク、ベートーヴェン:エグモント序曲、スメタナ:モルダウ、リスト:前奏曲
演奏:指揮: フェレンツ・フリッチャイ、管弦楽: ベルリン・フィル


レーベル:米 COLUMBIA、レコード番号:MS – 6869、オリジナリティ:2EYEラベル
曲目:モーツァルト:交響曲 No.40、ハイドン:交響曲 No.88
演奏:指揮: ブルーノ・ワルター、管弦楽: コロンビア交響楽団


レーベル: 英 DECCA、レコード番号: SXL-6538、オリジナリティ: スモール・ラベル、1stラベル
曲目:モーツァルト:交響曲No.38 プラハ、シューベルト:交響曲No.8 未完成
演奏:指揮: ベンジャミン・ブリテン、管弦楽: イギリス室内管弦楽団

広告

作成者: amadeusrecord

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中