Little Concert

Just another WordPress.com site

《音楽カレンダー》美しい音はそれぞれあれど、”高貴”の二文字がふさわしいナタン・ミルシテインが没した日。 – 12月21日のメモリアル

コメントする

気品のあるヴァイオリン、高貴な音楽・・・と美音を讃えられるヴァイオリニスト。ナタン・ミルシテインが他界してから2012年12月21日で、ちょうど20年になります。気高さを感じさせ、ヴァイリニストにかっこよさを感じさせられた男性ヴァイオリニストでした。

Milsteinhorowitzpiatigorski

ミルシテインのヴァイオリンは、甘い音色と繊細な気品溢れる歌心が魅力的だった。食と美術を愛し、おしゃれでユーモリストのスパイスが加えられたその演奏には、知性を感じさせる貴族趣味が反映されている。

食と美術を愛し、おしゃれでユーモリストのスパイス効いた知性。音楽にだけ縛られずに美しいことを楽しみ、それが音楽にフィードバックされてくる。ショパンのようなヴァイオリニスト。アカデミックな表情を見せるバッハでも、甘ったるさに溺れやすいメンデルスゾーンでも、音楽の方からミルシテインに語りかけ奏でられることを喜んでいる。

 

高貴や清潔感というと構えさせてしまうこともあるけど、ミルシテインのバッハは音楽そのものと言って言い過ぎでは無いと思います。メンデルスゾーンはこうも気高く弾かれるほどに、より甘く切なさが溢れ出る音楽のようです。1945年の録音。《メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲》のベスト・オブ・ベストに指折れる名演奏だった。

Violin_Concerto_in_E_minor_III._Allegretto_non_troppo.mp3 Listen on Posterous

広告

作成者: amadeusrecord

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中