Little Concert

Just another WordPress.com site

ヴァレンタイン・セレクション Tail03 – 勝間和代さんとのやりとりで心得たことと負けるなウルトラマン

コメントする

アマデウスクラシックス!クラシック専門アナログ初期盤LPレコード通販サイト:勝間和代さんとのやりとりで心得たこと via amadeusclassics.otemo-yan.net

(3)
ドヴォルザークのチェロ協奏曲は、ジャクリーヌ・デュ=プレの英EMI盤が人気です。チェリビダッケの指揮での録音も良く知られた名演だけれども、そちらはデュ=プレとチェリビダッケのお互いの探り合いが楽しい。第1楽章で英EMI盤の様に駅伝の先頭を走り出すジャクリーヌ。ところがバトンをチェリビダッケが受け取ってくれない。ようやく受け取ってくれてもジャクリーヌの走りに合わない。果たしてその行方や如何に・・・などと書くまでも無くて、たくさんの人が聞き続けている録音なので誰もが分かっていること。終楽章でのジャクリーヌは根が尽きている風というのか、チェリビダッケに従っているだけ。このドラマティックを愉しみたい。そういう気分になることもあるのだから、怪獣や超獣やキングギドラが大暴れして『さあ、どうなる。負けるなウルトラマン(或いはゴジラ)』と手に汗握ることを愉しみに何度も観る様なものです。
ドヴォルザークの音楽としては、チェロ協奏曲はデュ=プレなら英EMI盤でしょう。

ジャクリーヌ・デュ=プレのドヴォルザークが演奏、録音共に好きならばパイネマンの《ヴァイオリン協奏曲》はペアの様に味わい、愉しめるでしょう。

アマデウスクラシックス!クラシック専門アナログ初期盤LPレコード通販サイト:勝間和代さんとのやりとりで心得たこと via amadeusclassics.otemo-yan.net

広告

作成者: amadeusrecord

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。