Little Concert

Just another WordPress.com site

ダウンロードで試聴も1つの聴き方です。それで終わらないから、音楽が好きと言える。

コメントする


FMの放送、テレビでのライヴ。そのほかにCMや、番組のBGMにも良く出てくる。
ドヴォルザークは有名で、新世界はたくさん聴くけど協奏曲ってほとんど聞きませんね。
もっと種類を聞いてみたいところだけど、それはまだドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲のスタンダードが無いという事になるのかな。

アマデウスクラシックス!クラシック専門アナログ初期盤LPレコード通販サイト:ダウンロードで試聴も1つの聴き方 via amadeusclassics.otemo-yan.net

エディタ・パイネマンのドヴォルザークのレコードは、今でも変わらず巡り会うとドキドキする一枚。演奏は良くわかっているものなのに、ジャケットのコンディションが良ければ良いほど新鮮に楽しめるのが面白いところ。
幻のレコードというものでも無いし、エディタ・パイネマンも今でも現役です。録音を聴くだけならいくらでも機会があるでしょう。だのに不思議な魅力を放っています。

1961年のチューリップ・ラベルは、厚味の有る盤で材質も良い。ジャケットはドイツ盤は薄手のものでしたから、角が折れていたりラミネートが剥げかけていたり。それはレコード収集棚の奥にしまい込まれたまま半ば忘れられていこうとしていたレコードでは無い証。良く目に留まる場所に常にあったり、飾られていることもあったのでしょう。丁寧にヴィニールで包み込んで有る盤も巡り会いました。
インターネット上ではテープで発売されたものを聴くことや、ダウンロードできるようです。

 

アマデウスクラシックス!クラシック専門アナログ初期盤LPレコード通販サイト:ダウンロードで試聴も1つの聴き方 via amadeusclassics.otemo-yan.net

広告

作成者: amadeusrecord

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。