Little Concert

Just another WordPress.com site

《通販LP》クライバーのモノラル《合唱》☆英DECCA LXT-2796☆オレンジ・シルバー・ラベル☆クライバー指揮ウィーンフィル ベートーヴェン:交響曲No.9《合唱》

コメントする

売約あり

《通販中》5,000円の値引き、55%OFFで販売中

【交響曲】アナログ盤、稀少盤サイト http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e547111.html

  • レーベル: 英 DECCA
  • レコード番号: LXT-2796
  • オリジナリティ: オレンジ・シルヴァー・ラベル、1stラベル

曲目

  • ベートーヴェン:交響曲 No.9「合唱」

演奏

  • ソプラノ:ヒルデ・ギューデン
  • コントラルト:ジークリンデ・ワーグナー
  • テノール:アントン・デルモータ
  • バス:ルードウィッヒ・ウェーバー
  • 指揮:エーリッヒ・クライバー
  • 管弦楽:ウィーン・フィル
価格 ¥9,000(¥9,450 税込み、送料無料)
55% OFF
新価格 ¥4,000 (¥4,200 税込み)
お買い上げ合計¥5,001円以上で送料無料)

面白いすれ違い。違うミュージシャンでレコード会社も別なのに、同じ1970年代のジャズ名盤だったのでズレを感じながらも噛み合っていた。エーリッヒ・クライバーはモーツァルトの生誕200年の歳に急逝しているので、デジタル録音時代に登場したカルロスと活動が重なる事は無いから未来永劫音源が混ざってしまう事は無いでしょう。

しかし、まぁ。カルロス・クライバーが亡くなって、もう8年。《合唱》を録音として残してくれていたならば、と願わざるを得ないけれども。《運命》は両名盤を聴き比べできる。新時代のベートーヴェンではあったけれども、20世紀を代表する指揮者となればエーリッヒに軍配を上げたくなります。

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:

  • 大指揮者エーリッヒ・クライバーの1950年代のモノラル録音による第九です。演奏は祝祭的と言うよりもウィーン情緒に満ちたしなやかなベートーヴェンで、それだけに親しみやすいものです。
  • 録音は50年以上前のものですがコーラスも歪むこと無く、ヴァイオリンを響かせメロディーを強調したものになっています。大変古い盤ですが、その割にノイズは少なく第4楽章でプチ音が一回あるぐらいで、モノラル・カートリッジを使用されると良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットはBOXで無く、バラの2枚組。正面に若干のラミネート浮きがありますが、時代を考えると綺麗な状態です。

コンディション:(レコード、ジャケット・カバーの状態)
[R] NM [J] NM-

 

価格 ¥9,000(¥9,450 税込み、送料無料)
55% OFF
新価格 ¥4,000 (¥4,200 税込み)
お買い上げ合計¥5,001円以上で送料無料)

アマデウスクラシックス! 稀少アナログ、オリジナル盤通販サイト 10月23日版:OSラベル☆クライバー、ウィーンフィル ベートーヴェン:合唱 via amadeusclassics.otemo-yan.net

 

 

広告

作成者: amadeusrecord

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。