Little Concert

Just another WordPress.com site

中学校では習うのに、通になるほどに聴かないままの名曲がありませんか★スターン、バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 No.1,ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲 No.22 6EYEラベル、溝あり

コメントする

中学校で習うクラシックとして、「これだけは知っておきたい」とされているヴィオッティですけれども大演奏家の録音が少ない。日本の学校音楽教育は特別だ。とは思われないのが、アイザック・スターンと言った大演奏家が録音しているのですから「モーツァルトは子供時代には自由に演奏できるのに、大人になるほどに思い通りの音楽に出来ない」といったことに似ているのかしら。

Ms6277sold

そして、さてバルトークは世界初録音だったもの。PHILIPSのグリュミオーも世界初録音が多いヴァイオリニストでした。誰が先に録音するのかアメリカとヨーロッパでの奪い合いは戦争中からの欧米の伝統(?)。軍事だけではなくて、文化活動もしているんだよ、といった宣伝でもあったようです。ナチス・ドイツとベルリン・フィルの関わりが良くそれを表していますね。ドイツは戦争に負けて、フルトヴェングラー、カラヤンの録音はその殆どが忘れられることなく今わたし達が楽しむことが出来ています。米COLUMBIAのビジネス戦争は、スターンの数多くの素敵な録音をレコードでしかまだ聴けないままにしてしまっているように思います。

☆通販レコード 売約あり☆ 
【協奏曲】 

  • レーベル:米 COLUMBIA
  • レコード番号:MS-6277
  • オリジナリティ:6EYEラベル、ミゾ有、1stラベル

曲目:

  • バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 No.1
  • ヴィオッティ:ヴァイオリン協奏曲 No.22

演奏:

  • ヴァイオリン:アイザック・スターン
  • 指揮: ユージン・オーマンディ
  • 管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 1950年代後半の録音で、バルトークはこの曲の初録音。ヴィオッティは名曲の割りには何故か録音の少ない曲で、これも珍しいステレオ録音です。録音は6EYEだけに優秀。スターンのヴァイオリンは線が太く艶やかな音色で、少しも金属的なところはありません。
  • 盤は傷も無く美盤、再生でもチリ音は殆どありません。
  • ジャケットも正面、裏面共に大変綺麗です。

[R] NM [J] NM

価格 ¥3,800(¥3,990 税込み、送料無料) 

お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。 
このエントリーはショップサイトでの販売に先駆けての案内です。正しくはショップサイトでの確認をしてください。サイトでの紹介前に予約を頂いて既に売約済みの場合があります。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=amadeusclassics-22&o=9&p=15&l=st1&mode=classical-jp&search=%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3&fc1=000000&lt1=_blank&lc1=3366FF&bg1=FFFFFF&f=ifr

広告

作成者: amadeusrecord

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。老舗レコードショップから通販サイトを手伝ってほしいと参加したのが WordPress サイト作りの足がかりとなりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中